[ 表紙 ]


これは、ジョージという主人公(ぼく)が語るショートショート連作面白物語集です。 最終的には、千夜一夜物語みたいになるかも知れません。 第2巻は、主人公が小学6年生になった時点から始まります。

完全なフィクションであり、史実を別として実在の人物・団体には直接の関係はありません。 モデルは全くありません。

今回、小学6年生編の全12話に登場する人物の一覧表です。

湯会 情治 ゆかいじょうじ ぼく。ジョージと呼ばれている。
文章の才能がある。この小説でジュニア文学賞をとるぞ。
湯会 麗亜 ゆかいれいあ 3才下の妹。レイアと呼ばれている。
光線銃のオモチャで指揮者の練習中。
湯会 圭 ゆかいけい パパ。海外出張が多い。
とぼけているようで、見るところは見ている。
湯会 晴子 ゆかいはるこ ママ。バイオリンの達人。
絵を描いたり、外国語も勉強している。
湯会 博士 ゆかいひろし 父方のおじいちゃん。
博学な白髪老人。自称「ロマンスはかせ」。湯会老人とも呼ばれる。
湯会 華美 ゆかいはなみ 父方のおばあちゃん。
派手ではない。押し花などが趣味。
五雲 泰平 いつもたいへい 母方のおじいちゃん。
ゆったりと落ち着いている。
五雲 笑美子 いつもえみこ 母方のおばあちゃん。
いつもニコニコして楽しそう。
葉長 早紀 はながさき 近所に住んでいた6年生の女の子。
春休みにブラジルに引っ越して行った。
大島 翔也 おおしましょうや 春駒中学1年生の先輩。
明るくて積極的。頼りになるのはいいのだが、勝手に僕を春駒に誘っている。
丘品 花志 おかしなはなし 小学校の先生。
びっくりするような面白い話をしてくれる。
丸井 三枝 まるいみえ 担任の先生。
社会科が得意で、ていねいに教えてくれる。 実は丘品先生と惚れあっているのが「まるみえ」。
樫鯉 太朗 かしこいたろう 6年生の男の子。
本人は自分は賢いといって自慢している。
唐貝 泰三 からかいたいぞう 6年生の男の子。
自分を棚において人をからかうのが好き。
大木 伊奈 おおきいな 6年生の女の子。
体がでかい。大らかで恥ずかしがり屋。
明石 増代 あかしますよ 6年生の女の子。
何でも調査して、みんなに公表したがる。
飯野 加菜 いいのかな 6年生の女の子。
ときどき真面目に疑問を示す。
芽出 鯛子 めでたいこ 6年生の女の子。クラス委員
おめでたいが、楽しくていい。
三条 公麿 さんじょうきみまろ 6年生の男の子。
名家の生まれ。故郷の京都が恋しい。
李 百花 すももももか 6年生の女の子。
岡山県生まれで桃太郎が好き。
都筑 有理 つづきあり 6年生の男の子。
何でも続編を欲しがる。
広世 正憲 ひろせまさのり 他校の6年生の男の子。大変な秀才。
広く世界を遊学し、 (マサ)チューセッツ(MIT)や(ケン)ブリッジでも活躍して 将来は大発見か大発明を。
瀬古 烝照 せこむしてる 小学校の用務員さん。
いつもキチンとしてるから、警備も安心だ。
早岩根 紀美代 はやいわねきみよ 小学校の校長先生。
毎朝、校門のところに立って迎えてくれる。

[ 表紙 ]

[ 6年生になった ]

[ 全日本家庭訪問コンテスト ]

[ 中学受験準備(1) ]

[ 桃太郎 ]

[ 丸い変な道具 ]

[ 七夕 ]

[ 老人男声四部合唱団 ]

[ 有理数 ]

[ 中学受験(2) ]

[ 夏祭り盆踊り大会 ]

[ スイカの体積 ]

[ 中学受験合格 ]

[ トップページへ ]