単語の最初と最後の文字さえ正しければ中身はランダム順序でいい。(?)

タイポグリセミア (Typoglycemia) は 文章中のいくつかの単語で最初と最後の文字以外の順番が入れ替わっても 正しく読めてしまう現象ですね。

Cmabrigde と書かれようが、Cambridge とフツーに読めます。 この程度の文字数ではそんなに混乱しません。 すでに言語認識などの学会で話題になったことです。

ケンブリッジ大学でなく東京大学で同様な研究がなされていたとすると、どうでしょう? 「とうきょうだいがく」は、たとえば「とうだが きょういく」になります。

すなわち「投打が 今日行く」。しかし東大野球部がそんなに強かったとは疑わしい。 「投打、今日もダメ..」でしょう。在校時代に見ていた者にすれば。 5 年間連敗続き。やっと勝って喜んでいました。

ほかにも探してみれば反証例はいくらでも見つかると思います。

(アメフト部 Warriors のほうが好きな深山美歌)

[ 0137: Cmabrigde ]

[ 0136: Joe Black ]

[ 0135: Hit & Blow ]

[ 0134: 幻の完全試合 ]

[ 0133: ねずみ男の冒険 ]

[ 0132: 怪奇たたみ男 ]

[ 0131: Rugby Japan ]

[ 0130: 霧崎寂 ]

[ 0129: Celtic Knot ]

[ 0128: 長崎 ]

[ 0127: 雨: 防御と利用 ]

[ 0126: 納豆と豆腐 ]

[ 0125: ハッキング ]

[ 0124: Google の浮気村事件 ]

[ 0123: 谷をどう読むか? ]

[ 0122: 愛と銃弾 ]

[ 0121: コラージュ ]

[ 0120: 前の記事 ]

[ トップページへ ]