Math Battle [ 0072: 愉歌理さんのbの検証 ]

[ 0072: 愉歌理さんのbの検証 ]


[ 湯会老人のコメント ]

水木愉歌理さんの立てた重要なbの式を解いてみましょう。

sqrt(1600/b^2 + b^2) = ((40/b) - (b-10))


まず上式がどうやって得られたかを解説します。

 * 長方形の面積は40。
 * 縦の長さをbとし、これからまず着手したい。
 * その下半分の直角三角形の中に内接円。
 * したがって、辺の長さの一部同士が同じ。


下の右の図とはやや違いますが:
底辺の長さの左大部分はBFから、右の残りは正方形の一辺から。

BF = sqrt(1600/b^2 + b^2) - 5
右からの寄与 = b - 5

これらを合計しますと:
(40/b) = sqrt(1600/b^2 + b^2) - 5 + (b - 5)


さて、bに関する方程式を解いてゆきましょう。

平方根以外は右辺に移項します:
sqrt(1600/b^2 + b^2)
= -b + 40/b + 10

右辺を2乗した状態は
(40/b - b + 10)^2
= 1600/b^2 + b^2 - 20*b + 800/b + 20

左辺の2乗は: 1600/b^2 + b^2 ですから:
消し合う項をまず消します。
- 20*b + 800/b + 20

20で割ってbを掛け移項しますと:
b^2 - b - 40 = 0

ついに2次方程式にたどり着きましたね。!!!

解は (1 ±sqrt(1+4*1*40))/2

X=1/2を対称軸とする実数解2個です。
(1±sqrt(161))/2 = 6.844,-5.844
⇒ 正の解をとります。

ただし、計算の途中で式を2乗していますから、
b=(1+sqrt(161))/2 をもとの式に代入して検算することが必要です。

 左辺 = 8.9999
 右辺 = 9.001

OKですね。誤差範囲で。
安心して次の値を使いましょう。
b(長方形の高さ) = 約6.844


この問題では:
長方形の面積と内接円を持つ三角形に関する情報(ある頂点とある内接点の距離)だけが与えられており、 どこから手をつければいいかわかりません。

この状態でsin(∠AEF)を求めるためには:

① 三辺を求める(余弦⇒正弦)、
② ヘロンの公式(三辺が必要)から面積を、
 次に二辺の蟹ばさみでゆく。

愉歌理さんは この課題での最も重要な「break through」(突破口)を 成し遂げてくれました。 ちょっと気がつかない盲点(blind spot)です。

Mickey(深山美紀)さんは、とりあえず次のように値の呼びかたを決め、 以降の挑戦者たちはそれにしたがっています。 (一点だけ違うのは 最初はaを底辺の半分としていましたが)

青天中学の諸君も参加しませんか? 正憲君はヘロンの公式を既にマスターしています。

変数(あだ名) 用途 どうやって計算したか/用途
b 長方形の縦の長さ 内接円と辺の関係を洞察
a 長方形の面積/b 横方向の長さ計算
c 5とcで他の部分の計算が可 長方形の対角線の長さ計算

ええい、このさい全部検算をやり直しましょうか?

さて、手はずどおり計算を着々と:

* a(長方形の底辺)
  = 40/6.844 = 5.845, a/2 = 2.922
 ■ 図と違って長方形は縦長です。!!!

* c(斜辺の長さ)
 = sqrt(6.844^2 + 5.844^2)
 = 9.000

斜辺AE:

 = sqrt(6.844^2 + 2.922^2)
 長さ: 約7.442

斜辺EF:(もっとも考えにくい)

 右側に隠れた底辺:
 = (a * (1-5/c) - a/2)
 = (5.845*(1-5/9.000)-2.922) = -0.324
 傾いたEFの実際の高さを求める: b*(1-5/c)
 高さ: 6.844 * (1-5/9.000) = 2.597
 長さ: 約3.06

 ■ 図と違ってEFは左に傾斜しています。!!!

斜辺AF:

 実際の底辺は全長 5.845*(1-5/9.000) = 2.598
 実際の高さを求める: 6.844*(5/9.000) = 3.082
 長さ: 約4.605


ついでに、どんどん行きましょう
まずヘロンの公式で三角形AEFの面積Sを求めます。

s = (7.442+3.06+4.606)/2 = 7.554
S(面積)
= sqrt(7.554*(7.554-7.442)*(7.554-3.06)*(7.554-4.606))
= 約3.348

蟹はさみ方式でsin(∠AEF)を求めましょう。
sin(AEF)
= (3.348 * 2) / (7.442 * 3.06)
= 約0.294

次に余弦定理を経由してsin(∠AEF)を求めますと:

cos(∠AEF)
= (7.442^2+3.06^2-4.606^2)/(2*7.442*3.06)
= 0.9558

sin(∠AEF)
= sqrt(1 - 0.9558^2)
= 約0.294

「蟹はさみ方式」と「余弦⇒正弦」方式がピッタリ合いましたね。 正解と言えるでしょう。
しかし、図ではとても 0.294には見えませんね。

上記の計算結果を反映した正確なGNUPLOT描画は:


[ 水木愉歌理さんのコメント ]

まあ、湯会老人、ありがとうございます。私はbの式を立てるだけで、 あとは 狼羊さんにおまかせしていましたが、 解きかたのプロセスをよくわかっていなければいけませんね。

座布団三枚さしあげます。Sunny(深山輝天)君ももっと鍛えてやってください。


[ 湯会老人のコメント ]

いやいや、Sunny君もなかなかの強者です。 [ 0049: 「円錐山」ふたたび ] を解いたのには感心しました。君たち2人もピッタリみたいだなあ。


[ 湯会ジョージ君のコメント ]

おじいちゃん、この問題には正解がまだ示されていないようだから、 英語で書いて難問サイトに投稿したら?

それにしても、出題図では横長長方形と見せて実は縦長だったり、 斜辺EFが右に傾斜していると見せて計算すると実は左に傾斜していたり、 sin(AEF)を0.7ぐらいに見せたり。僕もだまされました。

愉歌理さんがいなかったら、みんなうまくゆかなかったなあ。謝謝。

[ 0081: 次の記事 ]

[ 0080: 分数の形の2次(?)方程式 ]

[ 0079: 8元1次連立方程式 ]

[ 0078: cos(α)を求める ]

[ 0077: 3個の半円が織りなす ]

[ 0076: 0075の再チャレンジ ]

[ 0075: 一辺を共有する二等辺三角形 ]

[ 0074: 正方形の中の2個の半円 ]

[ 0074: 正方形の中の2個の半円 ]

[ 0073: 難解数学サイトへ投稿 ]

[ 0072: 愉歌理さんのbの検証 ]

[ 0071: 「ハードな正弦」ふたたび ]

[ 0070: マンハッタン酔歩 ]

[ 0069: 天国への唯一の質問 ]

[ 0068: 普通では解けない方程式 ]

[ 0067: 謎のx+y+zの和 ]

[ 0066: 一次式の最小値 ]

[ 0065: 2次関数の積 ]

[ 0064: 2乗の和の限界 ]

[ 0063: 簡単な3次方程式 ]

[ 0062: ハードなsin(正弦)の計算 ]

[ 0061: 2つの円と直線の計算 ]

[ 0060: 前の記事 ]

[ トップページへ ]